必要な機能や消耗品

クラウドコピー機は、基本はどのメーカの機種にしても、基本機能はほぼ違いはなく、カラー印刷やFAX機能などは使えると見て良いでしょう。購入時に思いつくような機能は、どの機種にも搭載されています。しかし購入して使用するので、使えると思っていた機能が使えないこともあります。もちろん、機能不足で返品というのは、業者は受け付けていません。特に機能としては、クラウド連動やIC認証など、特殊な機能を使いたいとなれば、その機種に備わっているか確認しましょう。意外に見落としがちなのが、印刷用紙のサイズの対応であり、A3以上やB5以下を印刷したいとなれば、対応しているか確認します。

コピー機を購入すると、用紙やトナーもセットになっていることがあります。用紙は無料でサービスとして付ける業者もありますが、注意すべきはトナー代金無料ということです。保守契約の中でも、カウンタートナー契約となると、通常はトナー代金が無料となっています。このために、追加でトナー料金を支払う必要がなく、保守契約の形態と、消耗品の無料有料の確認をしておき、余計にお金を払わないようにしましょう。もちろん知らずに追加で料金を支払っても、後で返金されることはありません。