保証や保守契約

印刷コピー機を使用するとなると、やはり印刷がかすれないか、感光ドラムなどが不具合なく、状態が良いか考えます。正常にコピーできるかどうか確かめるために、購入して設置する前には、印刷テストと動作テストをしましょう。コピー機でも、保証はあり、多くの業者で保証を付けています。ただ永久保証とはなっておらず、例えば、1ヶ月以内1000カウントまでなどとなっており、その期間の不具合は、部品の無料交換や、無償修理が可能です。購入時には、保証がどのようになっているか確認しましょう。

基本的に、コピー機でも複合機を購入するとなると、保守契約を結びます。使用するとなると、定期的なメンテナンスをしないとならず、メーカーや保守業者と契約を結びます。ただ中古で複合機を購入するとなると、注意が必要です。年式の古いタイプ、メーカーの一部の製品は、保守契約を結べません。特に古い年式の製品だと、すでにパーツの生産が終わっているために。保守サービスを実施できず、保守契約を結べないのです。またギリギリ保守契約を結べたとしても、数年で契約が切れることもあります。中古の複合機を購入するときは、保守契約をどれぐらいの期間を結べるか確認しましょう。