月刊印刷枚数

コピー用紙まずは、自分で月に何枚印刷するのか考えます。一ヶ月で何枚印刷するかという数値になり、1日の印刷枚数×月の営業日で求められます。もしも、初めてコピー機を購入するとなり、月刊印刷枚数がわからないというならば、1つの目安として、500枚があります。コピー機を購入するにあたって、最低限想定されている枚数となり、個人や個人事業、SOHO、中小企業などで使うとなれば、この枚数があれば足ります。または、起業したばかりの会社でも、これぐらい枚数なら大丈夫でしょう。

コピー機を使うとなると、印刷スピードも考えますが、それよりも月刊印刷枚数で考える方が良いです。特に同じメーカーのコピー機でも、想定する月刊印刷枚数が違うと、大幅に値段が違い、数十万円から100万円ぐらい違ってくるので、導入コストに大きく響きます。また、月刊印刷枚数が同じでも、機種によって、印刷スピードが違い、スピードが速いほど値段は高くなる傾向にあります。月刊印刷枚数がそれほど多くなければ、印刷スピードは多少遅くても、使用ではそれほどストレスにはなりません。しかし月刊印刷枚数が多くなると、やはり高速機と呼ばれる、印刷スピードの速い機種の方が良いでしょう。